お客様相談口 TEL:0120-1165-73
メニュー
ごあいさつ
ごあいさつ
- ごあいさつ -
吉井盛治
株式会社アビタシオン オーナー会長
吉井盛治
吉井盛治
将来にわたって、
安心に包まれる本物の暮らしを。
ある夏の日、数十匹のホタルを施設内に放しました。
すると入居されている女性が、
「この年齢(80代)になってまたホタルを見ることができるなんて!」
と喜び、感動して涙を流されている姿を見て、
改めて人に喜びを与えている仕事をしているのだと再認識をし
このビジネスに真剣に取り組むことを決意しました。

その後、お年寄りに温泉に入っていただいたら
どんなに喜んでいただけるだろうという想いから、
現在では施設に源泉を運んできて実際にご利用頂いております。
この想いを大切に、今後は介護・医療・教育が一体となった「質」の高いサービスを目指し、
新しい時代に挑戦してまいります。
プロフィール
学校法人・ILPお茶の水医療福祉専門学校 理事長
医療法人・久留米南病院 他 5医療法人のオーナー(1000床)
株式会社セントベーネ 代表取締役社長
ビジネス・ワンホールディングス株式会社 取締役(社外)
株式会社ダイヤモンドブログ 取締役(相談役)
福岡プロバスケットボールクラブ株式会社(ライジングゼファーフクオカ) オーナー
他 多数会社役員兼務
他 多数会社役員兼務
豊澤賢士
株式会社アビタシオン代表取締役社長
豊澤 賢士
さらに「質」の高い生活サービス、
医療サポートのご提供をめざして。
1984年(昭和59年)のアビタシオン博多Ⅰ号館の開設以来、脈々と引き継いできた高齢者お一人おひとりにふさわしい「受け手発想・現場発想」のサービスを継承しながらも、進行中であるアビタシオン博多Ⅰ号館のリニューアル事業など、今後、新しいサービスや試みを次々に加速させていく所存です。
これからも、開設・運営するホームのすべてで、ご入居者様に「ゆとり・実り・誇りの日々」をお送りいただくべく、これまで以上に「質」の高い生活サービス、医療サポートのご提供に、全スタッフと一丸となって邁進してまいります。
プロフィール
九州大学工学部卒。
日本長期信用銀行(現・新生銀行)勤務を経て、2004年(平成16年)株式会社新陽.入社、統括部長就任。
2005年(平成17年)、専務取締役。
2006年(平成18年)、代表取締役社長。
大原 和司
株式会社アビタシオン専務取締役
大原 和司
お一人おひとりの人生を輝かせる
「理想の生活舞台」をご提供したい。
世界に類のないスピードで高齢化が進行するわが国にあって、高齢者にとって「理想の生活舞台」とは、いかなるものか。
この「問い」に「答え」を出していくことが、私が自らに課したミッションです。
偶然にも株式会社アビタシオンの豊澤社長と同様に、私も近親者に医師がいることもあって、最先端の医療の安心を事業者としてご提供することが、その「最適解」には欠くべからざるものではないかという想いを共有しております。
「お一人おひとりの人生の深い輝きを讃えるにふさわしい、理想の生活舞台を創造したい」。
そんな私たちの想いが結晶したホームを、これからも各地に実現してまいります。
プロフィール
プロフィール 東京大学法学部卒。
住友不動産㈱、㈱リサ・パートナーズを経て、2006年㈱玄海キャピタルマネジメント取締役。
不動産投資戦略アドバイザリー事業の展開を通じて、一貫して不動産商品の質を世界水準にまで向上させることをめざしてきた。
2013年(平成25年)7月、現職に就任。
武田 誠一
株式会社アビタシオン執行役員
武田 誠一
「安心を感じられる生活」を送っていただくために、
より良いサービスを提供してまいります。
単身高齢者の急増、居住形態の変化、限界集落化などにより、ご高齢者をめぐるこれまでにない困難な様々な問題が顕在化し、社会問題として近年ますます深刻化しています。
株式会社アビタシオンは、ご入居様とそのご家族様に「安心を感じられる生活」を送っていただくために、日々刻々と変化する現代社会において、これからも安全・安心なコミュニティデザインを模索し続け、より良いサービスを提供してまいります。
プロフィール
1994年(平成6年)2月 警視
2002年(平成14年)2月 刑事部捜査第一課長
2003年(平成15年)2月 新東京空港警察署長
2005年(平成17年)2月 警視正
2008年(平成20年)2月 千葉中央警察署長
2009年(平成21年)3月 警視長
益田 充隆
株式会社アビタシオン執行役員
益田 充隆
ご入居者の皆様へ更なる安全・安心を。
最近、ご高齢者の方に対する悪質な犯罪や、ご高齢者の方が巻き込まれる災害、事故等の増加が目立つようになりました。
株式会社アビタシオンでは、ご入居者様が安心して安全・平穏に毎日の生活を送ることができるよう、適時適切なサポートを欠かさず提供しております。
これからもご入居者様やそのご家族様の信頼を欠かさぬよう質の高い管理・運営に力を尽くしてまいります。
プロフィール
1966年(昭和41年)4月 福岡県警察官 採用。
1991年(平成3年)3月 警視 昇任。
2003年(平成15年)9月 警視正 昇任。
2007年(平成19年)3月 警視長 昇任。
坂本 照夫
株式会社アビタシオン顧問
坂本 照夫
入居者様およびそのご家族様への
満足できる医療サポートを目指して。
株式会社アビタシオンは、提携病院との緊密な連携で入居者様だけでなくそのご家族様にも「安心」と「信頼」をいただいています。今後とも、入居者様に安心してお過ごしいただくために行き届いた適切な医療および介護サービスを提供していくことをお約束いたします。
また、より良いサービスを提供させていただくために、職員の健康面にも気を配りサポートしていきたいと思っています。
プロフィール
2013年4月 久留米大学病院 病院長
2016年4月 久留米大学 名誉教授
2016年6月 大分大学医学部付属病院高度救命救急センター 特任教授
所属学会(役員)
日本外傷学会(名誉会員)/ 日本腹部救急医学会(特別会員)/ 日本救急医学会(理事)/ 日本航空医療学会(理事)/ 日本急性血液浄化学会(理事)/ 日本病院前救急医療学会(理事)
その他関連学会の評議員
社会的活動
NPO法人筑後地域救急医療研究会(理事長)/ 福岡県筑後地域メディカルコントロール協議会(会長)/ NPO日本外傷診療研究機構【JTCR】(理事) / 福岡県医師会救急災害医療対策委員
定松 照夫
株式会社アビタシオン執行役員
定松 照夫
地域包括ケア推進を目指します。
政権交代により、経済の低迷、政治の混乱は一段落したかのように見えますが、深刻な高齢化社会の到来など多くの困難な問題を抱える中、株式会社アビタシオンでは手厚いスタッフ配置だけでなく、治療や介護に関しても万全の設備と体制が整っており、常に質の高いサービスを提供しております。
今後とも皆様のご支援、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます
プロフィール
福岡県庁に入職後、保健医療介護部・介護保険課長、高齢者福祉課長、副理事を歴任。
退職後、公益財団法人福岡県すこやか健康事業団・専務理事を経て、現職に至る。
八尋 光良
株式会社アビタシオン監査役・弁護士
八尋 光良
室の高い居住空間とケアに、
医療の安心を連携させたホームが、求められています。
職業柄、多くのご相談をお受けしますが、なかでも介護に関するご相談が年々増加していて、高齢化の進行を痛感しております。このような時代だからこそ、生涯安心で快適な生活の場としてご入居者に愛されるホームが求められているのだと思います。
株式会社アビタシオンが、福岡・千葉において現在運営しております4つのホームは、いずれも良好な立地に、素材や仕様等にまで贅を凝らした上質な居住空間を創造し、併せて手厚いケアサービスをご提供することにより、ご好評をいただいております。こうした質の高いハードとソフトに加えて、最新の医療との連携をさらに緊密に図るホームだけが、皆様に選ばれ、次の時代に生き残っていくのだと考えております。
プロフィール
東京大学法学部卒。
2001年(平成13年)、弁護士登録(福岡県弁護士会)。
2006年(平成18年)、「八尋光良法律事務所」を開設。
2012年(平成24年)5月より、現職に就任。
淵邊 善彦
株式会社アビタシオン顧問弁護士
淵邊 善彦
所属
TMI総合法律事務所
TMI総合法律事務所は企業法務、知的財産権、金融、訴訟・倒産等の分野を中心とする総合法律事務所です。企業のグローバルなリスク管理や不祥事対応にも強みを有しております。 弁護士約290名、弁理士約60名、スタッフを含めた総勢約650名が所属しており、欧米の法律事務所との共同事業や、上海、北京、ホーチミン、ハノイ、シンガポール、ヤンゴン、プノンペンなどのアジア各国、シリコンバレー、名古屋及び神戸におけるオフィス開設により、独自のネットワークを構築しております。
プロフィール
東京大学法学部卒業。
1989年(昭和63年)弁護士登録(第一東京弁護士会)。西村眞田法律事務所(現・西村あさひ法律事務所)勤務。
1995年(平成7年)ロンドン大学LL.M.卒業。
2000年(平成12年)TMI総合法律事務所にパートナーとして参画。
2013年(平成25年)中央大学ビジネススクール客員教授。
高橋 壮志
株式会社アビタシオン顧問弁護士
高橋 壮志
所属
弁護士法人 若狭・高橋法律事務所
弁護士法人 若狭・高橋法律事務所は、元検事の若狭勝弁護士と共に設立した法律事務所で、特に刑事案件や各種企業・組織に係る案件を得意とし、その他各種案件についても幅広く充実した対応をしています。
株式会社アビタシオンが介護・医療・教育が一体となった「質」の高いサービスを実現・維持するため、多角的側面から最大限の法的サポートをしていきたいと考えています。
プロフィール
東京大学法学部卒業。2000年(平成12年)10月に検事任官。
2010年(平成22年)3月に退官するまで、東京、横浜、さいたま等の各地検で勤務し、著名な重大事件を含む多様かつ多数の事件捜査及び公判活動に従事した。東京地検特捜部での勤務経験も有している。
検事退官後、弁護士として都内法律事務所で勤務した後、2011年(平成23年)5月に髙橋谷澤法律事務所を開設。
2013年(平成25年)1月に弁護士法人 若狭・高橋法律事務所を設立。
田中 雅敏
株式会社アビタシオン顧問弁護士
田中 雅敏
所属
明倫国際法律事務所
明倫国際法律事務所は、高い専門性、組織化された弁護士のチーム力によって、複雑多様化するクライアント様の課題に対し、迅速かつ最適なワンストップの問題解決(ソリューション)を提供します。
主として、中小企業の海外進出案件や知的財産関連案件、労働案件、M&Aなどを取り扱っており、一般的な企業法務はもちろん、海外進出や知的財産権、M&A(企業の買収・合併)といった特殊な分野に対応できる専門性の高い弁護士による専門チームを擁しています。
また、地理的にも、日本国内では福岡、東京に、また海外では上海、香港、シンガポール、ベトナムにそれぞれ拠点を有しており、その他世界約30カ国に構築した提携事務所ネットワークを通じて、企業の事業活動が行われるあらゆる地域に関するリーガルサービスのご提供を行っております。
プロフィール
1994年(平成6年)、慶應義塾大学総合政策学部卒業。
1999年(平成11年)、弁護士登録。
2001年(平成13年)、弁理士登録。
2010年(平成22年)、明倫(国際)法律事務所設立。
現在、同事務所代表弁護士・弁理士を務める。福岡県弁護士会所属。
山口フィナンシャルグループ顧問弁護士。
植松 功
株式会社アビタシオン顧問弁護士
植松 功
ご入居者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の為、ワン・バイ・ワンのきめ細かなサービスを。
65歳以上の高齢者人口は、ついに25%を超えました。4人に1人という割合です。2050年には3人に1人になるのではということも言われています。超高齢化社会が、凄まじいスピードで現実化しているということです。
介護付有料老人ホームの社会的な必要性、重要性はますます増し、運営には一層の専門性が問われていくことでしょう。
また、財産管理、相続、事業承継、さらには高齢者をターゲットとした悪徳商法、虐待等、最近は高齢者を巡る法律問題も多種多様となってきております。
ご入居者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)のため、ワン・バイ・ワンのきめ細かなサービスを追及するアビタシオンの理念に共感し、法律専門家としてサポートしていきたいと思います。
プロフィール
一橋大学法学部卒
1989年(平成元年)弁護士登録(福岡県弁護士会)、近江法律事務所入所
2000年(平成12年)4月 福岡県弁護士会 事務局長
西日本シティ銀行顧問弁護士
株式会社アビタシオン顧問司法書士
宮崎 寛司
よりいっそうご安心していただける生活のために。
私たちプラス事務所は、東京・福岡・佐世保・熊本にオフィスを開設し、総勢80名を超えるスタッフがさまざまな法律サービスをご提供している法律手続の専門家集団です。
株式会社アビタシオンの理念であります、「質」の高い生活サービス、医療サポートのご提供にくわえ、成年後見制度などの法務面のご支援をとおして、入居者様によりいっそうご安心していただける生活をご提供できますよう努めてまいります。
プロフィール
西南学院大学 法学部卒。
1989年(平成元年) 司法書士登録
1993年(平成5年) 司法書士宮崎寛司事務所開設
2007年(平成19年) プラス事務所司法書士法人として法人化。
代表司法書士に就任、現職。
西日本最大級の司法書士事務所の代表者。
事業団体・運営管理
株式会社アビタシオン
〒812-0018
福岡県福岡市博多区住吉3丁目14-11 アビタシオンビル
TEL.092-272-1165いいろうご / FAX.092-272-4165よいろうご