お客様相談口 TEL:0120-630-366
メニュー
医療サポート
急病の対応から、
周辺医療機関への付添・お見舞いまで。
アビタシオン浄水には、ご入居者の健康管理をサポートする看護師が勤務しております。 協力医療機関と連携した医療サポート体制が確立しています。さらにこの協力医療機関だけでなく、ホーム周辺に対しては、受診付添・入退院時の付添・お見舞いサービスを実施しています
看護スタッフを中心に、ご入居者の健康管理をサポート
アビタシオン浄水に勤務する看護師が中心となって小さな変化を含むご入居者の健康状態を把握、介護スタッフともに情報を共有し、継続的に推移をチェックしながら、健康維持・増進、介護予防に役立てています。 また、健康管理についてのご相談もお受けしています。
日常的な健康管理について
アビタシオンの看護スタッフが中心となって、ご入居者の健康管理をサポートいたします。 お身体 の小さ な変化 を含め 、健康 状態の 把握、 共有、 及び継続的に推移をチェックしながら、ご入居者の健康維持・増進、介護予防に役立てます。
項目 内容
健康
管理
定期健康診断 定期健康診断 年2回(管理費に含む)
(尿検査、血液検査、問診、心電図、血圧測定など)
個別健康管理 ●個人別健康管理(管理費に含む)
(緊急時に備え健康状態の情報管理・状態把握)
●看護師による健康相談 (生活支援費に含む)
医療サポート ●服薬管理(確認・見守り・介助)(生活支援費に含む)
●慢性疾患については、その状況に応じて個別に対応。(生活支援費に含む)(但し、ホームでの医療行為には限りがございます)
  緊急時の対応 急に身体の具合が悪くなった場合は、適切かつ迅速に対応し、応急処置を行います。また、状況により医師と連絡をとり、協力医療機関・歯科医院での救急治療、緊急入院ができるように計らいます。
ホーム医療サポート
アビタシオン浄水では、ホーム内で対応可能な範囲での医療行為については、医師の指示のもとにホームのスタッフが対応させていただきます。
お身体の状態 医療管理項目 サポート内容
胃ろうを造設している方 経管栄養の管理 栄養注入
・感染防止、衛生材料の管理
(チューブ交換などは病院受診の上。別途費用が必要)
自己導尿をしている方 自己導尿の指導管理 ・自己導尿の指導管理
尿カテーテル(留置カテーテル)をしている方 尿カテーテル(留置カテーテル等)管理 ・カテーテル、バックの交換
(チューブ交換は病院受診の上。別途費用が必要)
・感染防止、衛生材料の管理
人工膀胱を造設している方 人工膀胱の管理 ・バックの交換
・感染防止、衛生材料の管理
人工肛門を造設している方 人工肛門の管理 ・バックの交換
・感染防止、衛生材料の管理
在宅酸素療法を行っている方 酸素療法 ・酸素濃縮装置を医師の指示の下に居室に設置。
・SPO2の測定
糖尿病の方 自己注射指導管理 インスリン自己注射の指導管理
(他、血糖値の測定・治療食の対応)
透析中の方 血液透析指導管理 ・血液透析のための通院介助
(費用は、別途相談の上)
ターミナル期の方
(在宅ターミナルケアの対応)
点滴の管理 ・外部訪問看護ステーション、診療所による、点滴の施行管理。
疼痛の管理 ・外部訪問看護ステーション、診療所と連携し、座薬・麻薬などの投与。
※病院受診費・治療費・治療食・衛生材料費などは自己負担となります。
※中心静脈栄養を要する方も状態により、対応が可能となります。詳しくはご相談ください。
※ 感染症をお持ちの方は、事前にご相談ください。
同じビルに、また近接して「かかりつけ医」がいる安心が、
ここにはあります。
アビタシオン浄水は、同ビル(薬院大通センタービル弐番館)内2Fクリニックゾーンの「迫 内科 循環器科クリニック」、ホームから徒歩圏の、180床の入院設備を設ける「医療法人佐田厚生会 佐田病院」、ホームのお向かいの歯科医院、「尚歯会 的野歯科医院」等を、協力医療機関としています。「迫 内科 循環器科クリニック」は、病診連携ネットワークの核として地域医療の1次医療に尽くすホームドクター。「佐田病院」は、都市型の急性期病院として専門特化をすすめてきた頼れる地域の医療機関。「的野歯科医院」は、近年とくに歯周病治療やインプランに力を入れる総合歯科。同じビル内に、また近接して「かかりつけ医」がいる安心が、ここにはあります。
人間としての尊厳性を大事にしたケアであることを第一義に。
残された人生を充実させることができるよう、医療・看護を主体としながら、身体的・精神的苦痛を取り除く方向で温かく援助することに取り組んでいます。
策定した「ターミナルケア理念」のもと、ご入居者の人生の質を向上することをめざすターミナルケアを実践
「ターミナルケア(終末ケア)」では、ご本人お一人おひとりのご意思を尊重し、ご家族とともに、ご家族により近い存在として、よりよいケアを追求し、取り組んでいくことが大切です。アビタシオンは、これまでの取り組みをもとに「ターミナルケア理念」を策定。医療的処置に加え、精神的側面を重視した総合的な措置により、ご入居者の人生の質を向上することをめざすターミナルケアを、本格的に実施しています。訪問診療、24時間対応が可能なお医者様や病院との連携も、協力医療機関をはじめとして、より緊密な体制を整備、看護・介護を実践しています。
終末期を迎えた方へのケア、ターミナルケア(Terminal Care)について、アビタシオンでは、取り組みを本格化しています
ターミナルケアといえば、現在、日本では病院(とくに体制の整ったホスピス)でのケアが主流ですが、ヨーロッパでは在宅が中心で、とくにイギリスなどでは「自宅で家族や専門スタッフに見守られながら最期を迎える」体制が整っているといいます。このところ、ご入居者のご家族から、「病院ではなく自宅で静かに最期の時を迎えさせてあげたい」という声が多く聞かれるようになったこともあり、「ご入居者の〝住まい〟であること」を大切にするアビタシオンでは、これまで行ってきたターミナルケアを、さらに明確で内容の深いものにする取り組みをすすめています。
介護付有料老人ホーム
アビタシオン浄水
〒810-0022 福岡市中央区薬院4-1-26 薬院大通センタービル弐番館 TEL:0120-712-512
事業団体・運営管理
株式会社アビタシオン
〒812-0018 福岡市博多区住吉3丁目14-11 アビタシオンビル TEL:092-272-1165 / FAX:092-272-4165
介護付有料老人ホーム
アビタシオン浄水
〒810-0022 福岡市中央区薬院4-1-26
薬院大通センタービル弐番館
TEL:0120-712-512
事業団体・運営管理
株式会社アビタシオン
〒812-0018 福岡市博多区住吉3丁目14-11
アビタシオンビル
TEL.092-272-1165 / FAX.092-272-4165